「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

指導方法もこんなに違う!アメリカの少年野球とは?

2017 7/10 10:25cut
少年野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Suzanne Tucker/Shutterstock.com

野球始めたのは少年野球から、という人は多い。しかし、同じ少年野球でも、日本とアメリカでは取り巻く環境が大きく違う。 今回は指導を含めた日本、アメリカにおける少年野球の違いを紹介する。

目的によってチームが分かれる

アメリカの少年野球には大きく2つのカテゴリーに別れる。トラベルチームとレクリエーションチームだ。トラベルチームは勝つことを目的としており、試合をするための遠征も多く、トライアウトも存在する。有名なチームになると、トライアウトに毎年100人以上も参加希望者がいることもある。
もう1つがレクリエーション(娯楽)のための野球をするチームで、ハウスチームとも呼ばれている。メジャーリーグを目指したりするわけではなく、あくまで趣味として野球をプレーしたい少年が集まるのだ。このクラス分けによって、目的が違う子供が一緒になることがなくなるのだ。

マイナー選手やコーチングのプロが指導を行っている

アメリカの少年野球の指導者は、マイナーリーガーが行うことも珍しくない。パーソナルトレーニングとして1回50ドルといった料金でマイナーリーガーが個人的にプレーを教えてくれるのだ。
また、少年野球のコーチを職業としている「コーチ屋」も存在する。トラベルチームはこいういった「コーチ屋」を雇ってチームを強化することもある。

おすすめの記事