「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

少年野球では食事が大事!体づくりのための食事とは

2017 7/10 10:25Mimu
食材
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Syda Productions/Shutterstock.com

少年野球に限らず、子供がスポーツをする上で必要なのは良質の食事である。 成長著しい子供の体を作る食事について紹介していく。

重要なのはたんぱく質とアミノ酸

体づくりのことを考えた際、やはり基本は体を構成するたんぱく質とアミノ酸が重要になる。しかし、たんぱく質が大事ならとにかくお肉をたくさん食べてればいいのかというと、そういうわけではない。重要なのはバランスだ。
特にたんぱく質の場合は「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」がある。動物性たんぱく質は、牛・豚・鶏の肉や魚、卵、牛乳など、動物性の食品から摂取できるたんぱく質だ。一方の植物性たんぱく質は、大豆に代表されるように、植物性の食品から摂取できるたんぱく質となっている。

たんぱく質がしっかり摂れる動物性たんぱく質

動物性たんぱく質の魅力は、その吸収率だ。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を比べると、100g中の含有率はそれほど変わらないものの、吸収率は動物性たんぱく質が圧倒的。動物性たんぱく質は摂取した90%~99%が体内に吸収されるのに対し、植物性たんぱく質の吸収率は70%ほどしかない。
また、お肉には必須アミノ酸がバランスよく含まれているのも魅力だ。必須アミノ酸とは、体内で生成されないアミノ酸のことを言う(ちなみに、体内で生成されるアミノ酸を「非必須アミノ酸」と言うが、決して必要のないアミノ酸ということではない)。
しかしその一方で、動物性たんぱく質ばかりを食べていると脂肪分やコレステロールを多く摂りすぎてしまうという側面もある。運動しているからそれほど問題ないと思われる方も多いかもしれないが、脂肪分の代謝にはまた別のビタミンが必要だ。そのため、バランスよく摂取しなければ、脂肪がたまっていく一方になってしまうのだ。

おすすめの記事