「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大学生野手編】プロ野球2017年ドラフト候補選手

2017 6/30 12:56Mimu
グローブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校時代は春夏連覇に大きく貢献!立教大学 笠松悠哉

今高校野球界では、早稲田実業の清宮幸太郎選手や、履正社高校の安田憲尚選手らに注目が集まっているが、大学野球でも注目選手は多数いる。春季リーグも全日程が終了した今、注目のドラフト候補選手たちを野手に絞って紹介していこう。

まず注目なのは、立教大学の内野手、笠松悠哉選手だ。大阪桐蔭高校時代の2012年、春夏連覇の際に2年生ながらサードを守り、2大会で3本塁打10打点の活躍でチームに貢献した選手である。阪神タイガースの藤浪晋太郎選手は1つ先輩、西武ライオンズの森友哉選手が同期ということになる。

高校卒業後は立教大学に進み、2年生の時にリーグ戦デビュー。秋からはレギュラーの座をつかみ、11試合で4本塁打、そしてリーグ1位となる16打点を挙げるなど大活躍であった。3年生は不振に陥ってしまったが、この春からまた復活した。東京大学戦で2打席連発を放つなど、13試合で.348(46ー16) 2本塁打 16打点と素晴らしい成績だ。

勝負強さは高校時代から折り紙付きで、2016年には高校・大学の先輩だった澤田圭佑選手もオリックスに指名を受けた。しかもこの春は1999年以来18年ぶりとなるリーグ優勝をはたしており、笠松選手への注目はますます大きくなっていくことだろう。

関西最強の遊撃手!奈良学園大学 宮本丈

続いては奈良学園大学の内野手、宮本丈選手を紹介しよう。履正社高校時代は2度の甲子園出場経験があるが、怪我もあって目立った成績を伸ばなかった。卒業後に進学した奈良学園大学でその才能を大きく開花させ、3年生の秋までのリーグ戦通算成績は60試合で打率.396(197ー78) 3本塁打 37打点 40盗塁という圧倒的なものを残している。

タイトルも首位打者2度(1年生秋.452 3年秋.419)、ベストナイン5度(1年秋~3年秋)、MVP1度(3年秋)と、もはやその実力には疑いようがない。ちなみに大学野球には盗塁王の表彰はないが、もしあったとすれば、いったい何度盗塁王を取っていただろうか。俊足はもちろん、強肩を生かしたショートの守備も目を見張るものがある。

この春も.543(35-19)で3度目の首位打者、6季連続となるベストナイン獲得。リーグ戦の通算安打を96本に伸ばした(リーグ記録は113本)。ホームランも2本はなっており、長打力にも磨きがかかっている。ただ、リーグ優勝を逃したこともあってか、本人は満足していないようだ。どこまでもストイックに、頂点だけを目指して。野球に対する取り組み方も魅力の選手だ。

おすすめの記事