「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大学生投手編】プロ野球2017年ドラフト候補選手

2017 6/30 12:56Mimu
ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年注目度No.1投手!東京大学 宮台康平

プロ野球も開幕してしばらく経ち、プロ野球選手としてデビューを果たしたルーキーたちが何人か出てきた。
特に広島東洋カープに入団した加藤拓也選手(慶應義塾大学)は、初登板となったヤクルト戦であわやノーヒットノーランのピッチングを見せ、大きな話題となったのは記憶に新しいかと思う。しかし、この秋のドラフト候補の選手の中で、注目したい選手がたくさんいる。本稿では注目の大学生選手を、投手に絞り紹介していこう。

やはり2017年の注目度No.1投手は、東京大学の宮台康平選手だろう。東京大学という誰もが知る名門大学に在籍しながら、最速150km/hを誇る本格左腕だ。3年生まではプロか公務員かをその進路を悩んでいたところもあったみたいだが、今ではプロ1本で行くことを表明しており、この秋のドラフトで最も注目を集めるだろう。

高校は神奈川県内屈指の進学校である湘南高校を卒業。現役で東京大学に合格し、1年生の秋期リーグにてデビューした。高校時代は130km/h前後しかでなかったストレートも、140km/h前後まで成長。当時東大野球部は78連敗中ということもあり、その連敗ストップの救世主になるかと期待されていた。ちなみに東大の連敗は、宮台選手が2年生の6月に94でストップ。それを止めたのは宮台選手ではなかったが、これ以降徐々に東大野球部の雰囲気が変わっていく。

最速は150㎞/hを記録!怪我もあるがドラフト上位候補

宮台選手の注目度が急上昇したのは、2年の秋頃だ。9月12日の早稲田大学戦で、6回まで無安打、さらには4者連続三振も記録するという見事なピッチングを見せたのだ。この試合には勝ち星がつかなかったが、1週間後の法政大学戦では6回6奪三振2失点の好投を見せ、記念すべき大学1勝目を獲得。さらに大きな注目を集めることとなった。

そして3年春季リーグの開幕戦となった早稲田大学との試合では、負け投手になるも13奪三振を記録。またも勝ちは付かなかったが、その後は立教大学、法政大学から立て続けに勝ち星をあげ、シーズン2勝をマークした。
結局このシーズンは44イニングで39奪三振に、リーグ4位となる防御率2.05を記録するなど、自己最高のシーズンとなった。夏には日米大学野球の日本代表チームに選出され、7月16日の試合では大台となる150km/hを計測。その投球には、メジャーのスカウトたちも驚いたという。

3年生の秋は怪我でほとんど投げられず、4年生の春も精彩を欠く投球が続いた(7試合に登板して0勝3敗防御率8.17)。特に左肩は毎年のように故障しており、スタミナにも不安がある。しかし、本人はこの春に改めて進路をプロ1本に決めたことを宣言し、覚悟は十分だ。間違いなく、この秋の1番の目玉となる選手であろう。

おすすめの記事