「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田中将大選手、前田健太選手が目玉!2006年のドラフトを振り返る

2017 6/28 09:44cut
baseball、ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

分離ドラフトの注目は斎藤佑樹選手

2006年のドラフト会議は高校生ドラフトと大学生・社会人ドラフトとに分離されており2回のドラフト会議が行われている。分離ドラフトは2005年から始まり2回目となったが、翌2007年のドラフトまでで終わっており2008年からは高校生、大学生、社会人ともに一緒に行われる年に1回のドラフト制度へと戻っている。
2006年のドラフト会議では早稲田実業の斎藤佑樹選手が注目の一人となっていた。夏の甲子園で田中将大選手率いる駒大苫小牧高校と決勝戦において延長再試合の激戦を演じた斎藤選手だが、ドラフト会議の2週間前に大学進学を表明する。
目玉の一人が大学進学を表明しドラフト戦略に変更があった球団もあったようだ。

高校生ドラフトの注目は?

斎藤佑樹選手が大学進学を表明したことで高校生の目玉選手は田中選手そして堂上直倫(どのうえなおみち)選手の2名となった。田中選手は高校生ながら即戦力としての期待がなされ複数球団からの指名が予想されていた。
また、堂上選手は兄である堂上剛裕(どのうえたけひろ)選手、父である堂上照(どのうえてらし)選手が中日ドラゴンズの選手ということもあり、野球一家のサラブレッドとして指名が有力視されていたのだ。
田中選手には東北楽天ゴールデンイーグルス、横浜ベイスターズ、オリックス・バファローズ、北海道日本ハムファイターズの4球団が競合。堂上選手には読売ジャイアンツ、阪神タイガース、中日の3球団が競合し福岡ソフトバンク入りを熱望していた大嶺祐太選手にはソフトバンクと千葉ロッテマリーンズが入札。3選手に11球団が競合することになったのだ。
抽選の末、田中選手が楽天、堂上選手が中日、大嶺選手がロッテと交渉権を手にする。このドラフトで単独指名となったのは広島東洋カープの指名した前田健太選手ただ一人だった。
ハズレ1位で指名された選手には坂本勇人選手(巨人)、吉川光夫選手(日本ハム→巨人)らもおり多くの選手がプロ入り後に活躍している世代でもある。

おすすめの記事