「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野茂英雄選手だけじゃない!1989年のドラフトを振り返る

2017 6/28 09:44cut
baseball,bakk
このエントリーをはてなブックマークに追加

野茂英雄選手に史上最多の8球団が入札!

1989年のドラフト会議では大きな変化があった。前年までと変わりドラフト指名選手がモニターに表示されるようになったのだ。これは、ドラフト会議における大きな革命であり変化でもあった。その記念すべき初めてのモニター使用によるドラフト会議で画面を埋め尽くしたのは、新日本製鐵堺に所属する野茂英雄選手だった。
野茂選手は大阪府立成城工業高校から新日本製鐵堺へ進み1988年のソウルオリンピックに出場。古田敦也選手、野村謙二郎選手といった後に名球会入りを果たすメンバー達とともに日本代表として戦い銀メダルを獲得する。
当時から野茂選手は独特の身体を捻って投げる「トルネード投法」から剛速球、フォークボールを繰り出し三振を量産。ドラフト会議における目玉として取り上げられていた。注目は清原和博選手(当時西武)、岡田彰布選手(当時阪神)の6球団競合を上回るかに注目が集まっていたのだ。
このドラフトで野茂選手は近鉄バファローズ、大洋ホエールズ、阪神タイガース、ヤクルトスワローズ、福岡ダイエーホークス、オリックス・ブレーブス、ロッテオリオンズ、日本ハムファイターズの8球団が入札。岡田選手、清原選手を超える評価となったのだ。抽選の結果近鉄が交渉権を引き当て野茂選手は入団に至った。
翌1990年のドラフトで小池秀郎選手が同じく8球団競合に並ぶが2016年ドラフト終了時点で史上最多の競合となっている。

1位指名選手は各球団ともに大成功

野茂選手に8球団が入札したことが一番のニュースになる1989年のドラフトだが、この年はそのほかの1位指名選手も結果的に大豊作となっている。

【1位指名選手】
読売ジャイアンツ:大森剛選手(慶応大)
広島東洋カープ:佐々岡真司選手(NTT中国)
中日ドラゴンズ:与田剛選手(NTT東日本)
ヤクルトスワローズ:西村龍次選手(ヤマハ)
阪神タイガース:葛西稔選手(法政大)
横浜大洋ホエールズ:佐々木主浩選手(東北福祉大)
近鉄バファローズ:野茂英雄選手(新日本製鐵堺)
オリックス・ブレーブス:佐藤和弘選手(熊谷組)
ロッテオリオンズ:小宮山悟選手(早稲田大)
西武ライオンズ:潮崎哲也選手(松下電器)
福岡ダイエーホークス:元木大介選手(上宮高)
日本ハムファイターズ:酒井光次郎選手(近畿大)

「大魔神」と呼ばれ名球会入りを果たした佐々木主浩選手。広島で先発、抑えとして活躍し通算138勝106Sを達成した佐々岡真司選手。シンカーで一世を風靡した潮崎哲也選手。セ・リーグで新人王に輝き引退後も2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でコーチとして優勝に貢献した与田剛選手。ロッテ、メッツ、横浜で活躍した「投げる精密機械」こと小宮山悟選手。元木大介選手は入団拒否したがその他の11名は一定の成績を残したと言えるだろう。

おすすめの記事