「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中学野球も見よう!関東で注目のボーイズ、リトルシニア5選

2017 5/17 09:55miu
baseball,boy
このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ボーイズ(神奈川県)

中学硬式野球において関東地方で最も有名なのが湘南ボーイズ(神奈川県)だ。湘南ボーイズは2012年に中学硬式野球の最高峰であるジャイアンツカップを初制覇。2016年には史上2チーム目となる2回目の優勝を成し遂げた。2016年の成績は圧巻となっており春季神奈川県大会、横浜DeNAベイスターズカップ、ジャイアンツカップ、関東大会と主要な大会を4つ制しているのだ。
2017年も神奈川県の中学硬式野球チームが集う横浜DeNAベイスターズカップで二連覇を達成し世代が変わっても衰えることを知らない。
スポーツ新聞などのメディアにも度々取り上げられる湘南ボーイズは、野球と勉強の両立を目指している。野球だけ教えるのではなく勉強を含めた人材教育をスローガンと掲げており次世代のリーダー育成に務めているのだ。
湘南クラブから巣立った選手たちの多くは神奈川県の強豪校へ進むことが多く慶応高校、桐光学園高校、横浜高校などに進学している。
また、プロ野球の世界では小笠原慎之介選手(中日)、高橋周平選手(中日)といったチームの主力として活躍が期待される選手がOBとなっている。また、2015年のドラフト4位でロッテに入団した東條大樹選手も湘南ボーイズ出身だ。2017年の現役選手ではこの3名がプロで活躍している。

川崎中央リトルシニア(神奈川県)

川崎中央リトルシニア(神奈川県)は、2016年のドラフト1位で5球団強豪の末に福岡ソフトバンクホークスへと入団が決まった田中正義(たなかせいぎ)選手の出身チームだ。また、中日で活躍している遠藤一星(えんどういっせい)選手も同クラブOBとなっており注目が集まっている。
2015年には川崎中央リトルシニア在籍の小野寺瑞生(おのでらみずき)選手がU-15侍ジャパン日本代表に選出されている。日本代表としてU-15アジアチャレンジマッチに出場したのだ。卒団後は神奈川県の強豪校ではなく山梨県の東海大甲府高校に進学。「スーパー1年生」として注目を浴びた。2017年に高校2年生となり今後の成長にも期待がかかる。
また、過去には2009年夏の甲子園決勝で中京大中京高校(愛知県)と世紀の大激戦を演じた日本文理高校(新潟県)の1番打者、切手孝太選手も同クラブ出身者だ。
田中選手、遠藤選手といったプロ野球選手、高校野球界で活躍が期待される小野寺選手と有力な選手を輩出している川崎中央リトルシニアだが全国大会での優勝経験はない。
2016年は全国選抜大会出場、2015年はジャイアンツカップ、日本選手権に出場と近年も主要大会に出場しているもののあと一歩届かない。今後は全国大会で好成績を残すことに期待がかかる。

中本牧リトルシニア(神奈川県)

白のユニフォームが多いアマチュア野球の中でひときわ目立つ、全身ブルーのユニフォームを身にまとっているのは中本牧(なかほんもく)リトルシニア(神奈川県)だ。
1978年に創設された中本牧リトルシニアは現在まで多くのプロ野球選手を輩出しており、神奈川県内でも有数の強豪チームだ。同クラブを卒団後に横浜高校へ進学する選手が多くなっている。
巨人などで活躍した斉藤宜之(さいとうたかゆき)選手、引退試合で涙の本塁打を放った小池正晃選手(元横浜)、小山良男選手(中日)、円谷英俊選手(元巨人)、乙坂智(おとさかとも)選手(DeNA)らが中本牧リトルシニアから横浜高校を経てプロ入りを果たしている。
横浜高校以外の有力校にも選手は供給しており森野将彦選手(中日)は東海大相模高校、板山祐太郎選手(阪神)は成立学園に進学しプロ入りを果たした。
近年の主な戦歴として挙げられるのは2013年、2014年の横浜DeNAベイスターズカップ二連覇、2011年のジャイアンツカップ3位、全国選抜大会準優勝だろうか。
これだけの実績がある中本牧リトルシニアの目標は『全国制覇』だ。1995年にジャイアンツカップ、全日本選手権を優勝、1998年に全国選抜大会優勝、2004年日本選手権優勝と数々の全国制覇を成し遂げており決して過大な目標ではない。
今後も新たな実績を残すために全国制覇の期待がかかる。

世田谷西リトルシニア(東京都)

世田谷西リトルシニア(東京都)は名誉会長が西武などで活躍し、名球会入りも果たしている東尾修氏が務めており、総監督である蓬莱昭彦氏も西武、中日などで活躍した元プロ野球選手だ。創設は1995年となっており2017年で22年目を迎える。吉田昌弘監督は2013年にU-15侍ジャパン日本代表のコーチに就任するなど手腕には定評がある。
世田谷西リトルシニアは元プロが監督、会長を務めていることから注目度も高いチームだ。また、実績も多く残しており2009年にジャイアンツカップと春の選抜大会、2002年、2008年、2013年に日本選手権と5度の全国制覇を達成している。また、2010年には台湾で開催された国際大会である阿里山杯国際親善野球大会も制している。この台湾国際大会は日本勢として初の優勝だった。しかし、2013年の日本選手権以来全国制覇から遠ざかっているため、そろそろ6度目の全国制覇に期待がかかる。
2015年のドラフトでは世田谷西リトルシニア出身の山本泰寛選手が慶応高校、慶応大学を経て巨人から5位で指名を受けている。また、2017年のドラフト候補でもある慶応高校の正木智也選手も世田谷西リトルシニア出身者だ。ドラフト指名が続くことで今後の入部希望者は増大しそうだ。

横浜青葉シニア(神奈川県)

2003年に主要全国大会である全国選抜大会、ジャイアンツカップを制覇している横浜青葉シニア。2004年に現チーム名の横浜青葉シニアとなっており、以前は緑中央シニアとして活動を行っていた。2003年以来、全国大会での優勝はないが2013年、2015年と全国選抜大会で準優勝を果たすなどチーム力は維持されており虎視眈々と全国制覇を目指している。
現役のプロ野球選手では広島東洋カープで活躍する下水流 昂(しもずる こう)選手、中日ドラゴンズの福田永将(ふくだのぶまさ)選手らが同チームのOBだ。両選手とも横浜高校に進学してからのプロ入りとなっている。2016年シーズンで現役を引退したオリックス・バファローズの原拓也選手も同チームのOBとなっており東海大相模高校を経てプロ入りしている。

関連記事

おすすめの記事