「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

唯一WBCで2連覇を遂げた日本!歴代監督の功績

2017 5/15 09:56おしょう
王貞治監督
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Alan C. Heison/Shutterstock.com

日本は世界的に見ても野球が盛んな国です。 さらに2017年3月時点、世界ランキング1位に位置するなど、強豪国としても知られています。 その中で日本代表を束ねる監督は大きなプレッシャーがかかります。 そこで今回はWBC日本代表を務めた歴代監督をご紹介します。

日本をWBC初代王者に導いた「世界の王」

日本をWBC第1回大会で優勝に導き、通算本塁打868本塁打の記録を保持しているのが王貞治監督です。リーグは違えど、海外からもその記録は賞賛されています。 イチロー選手などを始めとする選手から、絶大な尊敬を持たれており、選手の招集にも大きな力を発揮しました。
采配もさることながら、大きなカリスマ性で選手のモチベーションを上げ、鼓舞し、価値への原動力となりました。 ソフトバンクホークス(ダイエーホークス)時代にも低迷するチームを常勝軍団に導いた実績が、生かされたのではないでしょうか。

監督としても「世界の王」へ

通算本塁打数世界1位ということで、「世界の王」と呼ばれることもあった王監督ですが、WBCでも優勝を遂げ、監督としても「世界の王」となりました。 王監督の采配は、基本的はあまり動かない采配でした。1番にイチロー選手、4番に松中選手を早々に固定。その他のメンバーもほぼ固定という采配でした。
しかし、迎えた準決勝。大会を通じて不調だった福留選手をスタメンから外しますが、準決勝という重要な舞台で代打に送ります。 その采配が的中し、福留選手は試合を決定づけるホームランを放ち勝利を収めました。 王監督は本大会で日本の得意な野球として、「スモールベースボール」を確立しました。

おすすめの記事