「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アマチュア最強の意地!第4回WBCキューバ代表

2017 5/15 09:56おしょう
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 /Shutterstock.com

オリンピックなどの国際大会で数々の金メダルを手にしてきたキューバ。 しかし、WBCでは過去4大会で優勝はありません。 今回は、WBCでのキューバ代表を振り返ってみます。

第1回大会、アマチュア最強チームの意地

キューバは、MLB選手を多数要するドミニカ共和国、プエルトリコなどの強豪国を退け、準優勝という成績を残しました。 しかし、当初アメリカとキューバは国交断絶状況にあったため、WBCへの出場が危ぶまれる逆境もあったのでした。
ヤデル・マルティ選手、ユリエスキ・グリエル選手、ヨアンディ・ガルロボ選手の3選手がベストナインに選出される活躍をしています。 レスリー・アンダーソン選手、フレデリク・セペダ選手など、のちに日本でプレーする選手も在籍していました。

打倒日本で臨んだ第2回大会

キューバは、第1回大会で準優勝に終わりました。決勝で敗れたのが日本です。 そのため、日本には勝つという強い気持ちで第2回大会に臨みました。 中でも、投手で最速169kmの球速を誇る左腕、アロルディス・チャップマン選手が大きく話題となりました。
しかし、チャップマン選手も制球難に苦しむと共に、打撃陣も沈黙。その結果日本と2戦し、6-0、5-0と2試合とも完封負けを 喫し、完敗してしまいます。さらに、58年ぶりに国際大会での決勝を逃してしまうこととなりました。

おすすめの記事