「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球日本代表WBC激闘の歴史

2017 5/15 09:56おしょう
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Alan C. Heison/Shutterstock.com

2017年、世界中の野球ファンを熱くさせたWBCの激闘も終わった。 反響が大きいため長い歴史のある大会だと思われがちだが、実はWBCは2006年に始めて開催された、歴史の浅い大会なのだ。 しかし、その短い歴史の中でも日本は2度も優勝している。 今回は、歴代の大会で特筆すべき活躍した選手を紹介する。

日本を連覇に導いた「チームリーダー」

第1回、第2回大会と日本を連覇に導いたチームリーダーこそイチロー選手だ。 従来のイメージでは、冷静沈着で寡黙なイメージが強いイチロー選手だったが、WBCでは180度違っていた。
ランニングでも率先して先頭に立つなど、その存在感とリーダーシップでチームを牽引。第1回大会ではチームの中心選手として優勝に貢献する。続く第2回大会。そこでもチームリーダーと主力としての役割を求められるが、予選から中々結果が出ない。 しかし、それでも原監督はイチロー選手を一貫して起用し続けた。その結果、決勝での10回表2死からの勝ち越しタイムリーを生み出した。
イチロー選手は、チームの精神的支柱として存在感を発揮し、また自ら試合を決定付けるなど、日本連覇に大きく貢献した人物だ。

WBC2大会連続MVP

WBCで2大会連続でMVPを獲得した選手が日本にはいた。それが松坂大輔選手だ。 イチロー選手が野手の中心だったのに対し、松坂選手は投手の中心的選手だった。
第1回大会で3勝。第2回大会でも3勝を挙げ、合わせて6戦6勝と負け無しの勝負強さを発揮した。このWBC通算6勝というのも最多の勝利数になる。さらに、奪三振数23も最多記録だ。
松坂選手は、特に強豪国のキューバを得意としていた。第2回大会の決勝ラウンドで、キューバ陣営に投げるコースをバッターに教えられ、 待ち構えられることもあったが、城島選手とのバッテリーワークでうまくかわすシーンが印象的だった。

おすすめの記事