「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年WBC!印象に残った国は?

2017 5/15 09:56おしょう
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Andrey Yurlov / Shutterstock, Inc.

2017年、野球ファンが心待ちにしている第4回WBCがアメリカの地で開催されました。 第1、2大会優勝国の日本、3度目の優勝を目指しましたが、夢は叶わず次回へと繋げたいところですね。 優勝国はアメリカでしたが、優勝国や日本以外にも印象に残った試合があったのではないでしょうか? WBC出場国を振り返ってみましょう。

ドミニカ共和国は優勝候補だった!

第1,2回大会の優勝国は日本でしたが、三連覇を阻止した野球強国が第3回大会優勝のドミニカ共和国です。 第4回大会も優勝候補と注目されていたその理由は、MLB主戦級の選手が続々と参加表明していたからです。
ロビンソン・カノ選手、ホセ・バティスタ選手、エイドリアン・ベルトレ―選手などなど、錚々たるベテランメンバーが並びます。
さらに、WBCなどの短期決戦で重要となるのが投手ですが、その投手陣も盤石な上、普段MLBでプレイしている選手で構成されそうなことで地の理もあったからです。
そういった総合的な判断から、優勝候補の筆頭にドミニカ共和国が挙げられていました。

開催国アメリカは本気だった!

そもそもWBCはアメリカ主導で開催された大会でしたが、MLBの球団の都合により、エース級の投手などは出場を辞退することもあり、過去3度優勝を逃していました。
デレク・ジーター選手、アレックス・ロドリゲス選手などの豪華なメンバーが出場しても勝てなかったため、2017年のアメリカはさらに本腰で大会に臨んできました。
マーカス・ストローマン選手など実績十分の選手から、クリスチャン・イエリッチ選手などの破壊力抜群な打者が並び、攻守ともに充実したメンバーを揃えました。
野球ファンとして見逃したくないスター選手がズラリと並び、アメリカの本気度が伺えた第4回大会となりました。

おすすめの記事