「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球での監督から選手へのサインが届くまでの秘密の流れ

2016 8/11 21:57
野球・指導者
このエントリーをはてなブックマークに追加

野球を観戦している時に、監督やコーチの動きが気になる方も多い。 実際に野球の試合中には監督からのサインによって緻密な作戦が実行されているのだ。 今回は、監督の指示が伝えられるサインの種類や選手に届くまでの流れを紹介する。

野球におけるサインの役割とは?

野球では選手個人の能力だけでなく、監督やコーチによる過去の経験やデータに基づいた指示も試合を決める重要な要素の一つだ。イニング交代時やベンチで打順を待つ間は直接指示を受けることが可能だが、フィールドに出てプレーが始まればそこは選手だけの空間。そのような場合に用いられるのがサインだ。 サインは主に攻撃時に使用され、出塁したランナーや打者に対して伝えられる。その手順としては、ベンチから監督の指示を3塁ランナーコーチに、そして選手に伝えるというもの。あらかじめチーム内で決められたサインのルールを共有していれば相手にバレることなくプレー中も指示を伝えることができるのだ。

守備では捕手を介したサインが使われる

攻撃時には、出塁したランナーや打者に対してサインが送られるが、守備時にはキャッチャーからサインが送られる。 野球のサインと聞いて、キャッチャーが股の下で指を動かしてピッチャーに球種をサインで指示することをイメージする方が多いのではないだろうか。 守備時にはピッチャーへの指示だけでなく、打者や状況に合わせた守備ポジションなどの指示も必要となる。その場合、ベンチからのサインをキャッチャーを介してフィールドの守備陣に伝えられる。

おすすめの記事