「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

環太平洋大~2017全日本大学野球選手権大会で注目したい!

2017 4/20 20:07茶色野うさぎ
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/ Shutterstock.com

2017年の全日本大学野球選手権大会で活躍が期待される大学の中から、今回は環太平洋大学野球部をピックアップして紹介する。比較的新しい大学だが、どんな大学なのか、2017年の野球部の戦力など気になる情報をまとめてみた。

環太平洋大ってどんな大学?

2007年に設立された新しい大学なので、よく知らない方もいるかもしれない。そこで環太平洋大学について少し解説する。
環太平洋大学は「どこにもない大学」というコンセプトのもと、2007年に岡山県岡山市に設立された私立大学だ。1987年に環太平洋地域の教育者らによって提唱された「環太平洋大学構想」というものを基盤にしているため、「環太平洋大学」という名称になったようだ。
公務員、教育者、スポーツの分野で活躍する人材の育成に力をいれているほか、運動部のほうも有名な指導者を招いて着実に実績を上げてきており、名前を知られるようになってきている。

環太平洋大学野球部の紹介

環太平洋大学の野球部は大学の設立初年度である2007年に創部され、中国地区大学野球連盟に所属をしている。大学の方針で体育会の運動部は勝つことを求められる。
勝つために厳しい日々を送ることで、精神力やチームワークなどが育ち、人間としても成長するという考え方に基づいている。その分、練習環境もすばらしく、専用の野球場や室内トレーニングセンターを完備しているほか、優秀な指導者の招聘にも力をいれている。
野球部も当然「日本一」を目指して日々厳しい練習をこなしていて、プロで活躍できるレベルの選手を輩出する全国レベルの強豪へと成長している。OBには中日ドラゴンズで活躍する亀澤恭平内野手や又吉克樹投手などがいる。

おすすめの記事