「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

桜美林大~2017全日本大学野球選手権大会で旋風を巻き起こせるか!

2017 4/20 20:07茶色野うさぎ
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by bikeriderlondon/ Shutterstock.com

大学野球の最高峰タイトルである全日本大学野球選手権。2017年の大会で活躍が期待されるチームの中から、今回は桜美林大学野球部に注目する。新興勢力ではあるが、着実に力をつけてきているので要チェックだ。

桜美林大野球部の基礎知識

桜美林大学の野球部は1978年に準硬式の野球部として創部された。準硬式の野球部としてはかなりの強豪として知られていて、全国タイトルを含めて38回の優勝を果たしている。2007年に全日本大学準硬式野球選手権で優勝したことをよい機会として、2008年秋季から硬式野球へと移行することになった。
2009年から「首都大学野球連盟」の2部リーグに参戦して現在に至る。OBにはバント職人として有名だった川相昌弘選手の息子・川相拓也選手(読売ジャイアンツ)がいる。2011年には新しい本拠地として東京都町田市に「J.F.OBERLIN BASEBALL FIELD」という専用のスタジアムも完成している。

首都大学野球連盟における桜美林大の状況

首都大学野球連盟は首都圏に所在する15校が加盟するリーグになっていて、実力、人気ともに高い評価を受けているリーグだ。東海大学が中心となっていることもあり、菅野智之投手(東海大学、現・読売ジャイアンツ)などの人気選手も多数輩出している。
2部制のリーグになっていて、2009年に加盟した桜美林大も2部からスタートしている。2014年に1部リーグの枠数が増えたことにより1部昇格が決定、2016年の秋季リーグでは東海大学を破っての1部リーグ初優勝、つづく明治神宮野球大会では準優勝という成績を収めている。
新興勢力ではあるが、準硬式で培った実力は本物だということを示しており、2017年はどこまでいけるのか注目が高まっている。

おすすめの記事