「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本文理大~2017年全日本大学野球選手権大会で活躍が期待される

2017 4/20 20:07TANANA
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by zsolt_uveges/Shutterstock.com

日本文理大は1967年、大分県に開校した。 硬式野球部は九州地区大学野球連盟に加盟しており、200名を超える部員が在籍している。 今回はそんな同大学野球部の実績を振り返るとともに、2017年全日本大学野球選手権大会の展望をさまざまな角度から紹介していく。

充実した練習環境で上位進出を狙う日本文理大野球部

日本文理大野球部は、部員200名を超える大所帯だが、それに見合った充実の練習環境がある。専用グラウンドはもちろん、室内練習場、サブグラウンドやトレーニングルームも完備している。 さらに、甲子園優勝経験を持ち、早稲田大学野球部で主将を務めたこともある中村壽博監督をはじめとした経験豊富なスタッフの丁寧な指導もあって、真摯に野球に打ち込める環境も整っている。
目にも鮮やかな、真っ赤に染まったユニフォームの色にちなんで「赤い旋風」を大会でも巻き起こせるだろうか、注目されている。

日本文理大野球部のOBを紹介!主力として活躍している現在

次に、日本文理大で活躍したOBを紹介しよう。
脇谷亮太選手は2003年の4年時に主将を務め、不動の1番バッターとしてチームをけん引した。社会人に進んだ後2005年のドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。セカンドを中心に内野の要として活躍している。
宮崎敏郎選手は2007年に同大学へ入学後すぐにサードのレギュラーを獲得、3年生の時には5番として選手権大会ベスト8に貢献した。社会人に進んだ後、2012年にドラフト6位で横浜DNAベイスターズに入団。2016年には自身初の2ケタホームランを放つなど、着実に成長を見せている。

おすすめの記事