「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年全日本大学野球選手権大会で注目の東海大北海道キャンパス

2017 4/20 20:07TANANA
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

全日本大学野球選手権大会に、2015年から2年連続北海道代表として参加するなど、近年急速に力をつけている東海大北海道キャンパス。 今回はそんな同大学の野球の特徴、将来有望な主力選手など、さまざまな角度からその魅力を余すところなく紹介する。

東海大北海道キャンパス野球部成長の軌跡を探る

1990年に発足した札幌学生野球連盟主催のリーグ戦は3部制であり、特に1部リーグは地元の人たちからは「札幌六大学野球リーグ」と呼ばれて親しまれている。
当時東海大学札幌校と呼ばれた同大学は、3部からのスタートだったが、2011年の秋季リーグで2部に昇格すると、翌2012年春季リーグで一気に1部に昇格、トップ戦線に躍り出る。その後しばらくは強豪校の壁に阻まれるものの、2015年の春季リーグでついに初優勝を果たし、2016年には春秋連覇を果たすまでに成長した。

プロでも活躍必至!東海大北海道キャンパスのOBを紹介

東海大北海道キャンパスにはプロでも通用可能なOBが数多く在籍したが、特に将来有望な選手を紹介する。
水野滉也投手は、絶対的エースとして君臨した。1年の春季リーグから先発として活躍し、新人賞を獲得。以後4年間、チームの「屋台骨」を支えた。そして2016年のドラフトで横浜DeNAベイスターズにドラフト2位指名されたのだ。
水野投手と同期で4番バッターとして君臨した伊藤諄選手は、187センチ、94キロという恵まれた体格からホームランを量産。大学卒業後は社会人野球の日本通運に進んだが、将来のドラフト有力候補となっている。

おすすめの記事