「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年全日本大学野球選手権大会において注目の富士大野球部を紹介

2017 4/20 11:07TANANA
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

北東北大学野球連盟に所属する富士大学は、1965年に創部し、現在では部員100名を超える強豪校として全国レベルの力を有しています。 今回は、2017年全日本大学野球選手権大会への出場、そして初優勝を虎視眈々と狙う同大学野球部を徹底的に紹介します。

プロ野球でも活躍するOBなど、富士大学野球部の特徴を紹介

富士大学野球部は、個々の選手の能力が高いチームですが、1球、1プレーに対する集中力の高さが強みであり、基本を忠実に守っています。1年生でも試合に出場できる機会が多くあり、部員全員が毎日の練習を懸命に行っているのです。
プロ野球にはこれまで数々の選手を送り込んでいます。1年の春から4番を務め、リーグ戦打点王などの実績がある山川穂高選手は、2014年ドラフト2位で埼玉西武ライオンズに入団。2016年には14本塁打を放ち、将来の大砲候補として期待されています。
リーグ戦通算防御率1.08の好成績を残した多和田真三郎投手は、2015年ドラフト1位で山川選手と同じく埼玉西武ライオンズに入団。1年目から先発で初完封を記録するなど7勝を挙げる活躍をしました。

全国レベルの力を有する富士大学のこれまでの実績

富士大学が所属する北東北大学野球連盟は、1991年に発足し、リーグ戦もその時に始まりましたが、当初は青森大学が春秋合わせて9連覇を達成するなど最強チームの名を欲しいままにしていました。
しかし、富士大学も2002年秋に初優勝を飾ると、徐々に盟主の座が交代していきます。プロでも通用する力を持つ選手が次々と入部し、2014年春から2016年秋まで6連覇の快挙を達成しました。
大学選手権も11回出場し、そのうち準優勝が1回と、北東北大学野球連盟所属チームの中でもトップの実績を持っており、2017年春リーグでも優勝候補の最右翼となっています。

おすすめの記事