「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年の全日本大学野球選手権大会出場へ、名城大学野球部が始動

2017 4/20 11:07kinsky
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nor Gal/Shutterstock.com

名城大学野球部は愛知大学野球連盟に所属するチームです。リーグ優勝9回を数え、全日本大学野球選手権大会では2006年にベスト8まで勝ち進んだ実績があります。現在の目標はズバリ、春季リーグの優勝と全国大会出場です。

名城大は、全日本大学野球選手権大会に通算4回出場

名城大学は愛知大学野球連盟の1部リーグに所属しており、現在同じ1部には中京大、中部大、愛知産業大、愛知学院大、日本福祉大が所属しています。名城大は同連盟が発足した1949年から加盟している古豪チームです。
愛知大学野球連盟には現在3部リーグまであり、毎年入れ替え戦を行っていますが、名城大学はほとんどのシーズン1部リーグで試合を行っています。連盟の中でライバルは中京大や愛知学院大で、名城大は全日本大学野球選手権大会にはこれまで4度出場しています。

初出場した1953年は健闘及ばず苦杯をなめる結果に

名城大野球部はこれまで4度全日本大学野球選手権大会への出場を果たしています。初出場は1953年で、全日本大学野球連盟が結成され第1回全日本大学野球選手権大会が開催された翌年の第2回大会です。同年、愛知6大学春季リーグ戦で名城大は南山大を5対0で下し初優勝し、全日本大学野球選手権大会への出場権を得ました。
この年、全日本大学野球選手権大会は立教大が優勝し、中央大が準優勝するなど東京の大学野球部のレベルが他を圧倒していた時代で、名城大は健闘及ばずといった結果でした。

おすすめの記事