「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本時代は投手三冠!前田健太はメジャーでもタイトル獲得なるか

2017 4/12 20:20Mimu
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャー1年目で16勝を挙げた前田健太

2016年シーズンはメジャー1年目ながら16勝を挙げる活躍を見せた前田健太選手。
そのピッチングはもちろんながら、初登板の試合で初安打となるホームランを打ったというニュースは、多くのファンを驚かせた。結局32試合に登板して16勝11敗を挙げる大活躍を見せた。しかしイニング数は175と日本時代より少なく、被本塁打20。こういった数字を見ると、やはりメジャーは厳しい世界なのだとうかがえる。ポストシーズンでも3試合で1勝もできず、やや苦しんだ。
しかし、前田選手なら来年はもっと成績を伸ばしてくれることだろう。日本にいたころから、新人時代は様々な課題があった。しかし、それらを1つ1つクリアして、徐々に成績を向上させていき、その結果数々のタイトルも獲得している。今回はメジャーでのタイトル獲得を期待する意味も込めて、日本時代に獲得したタイトルを振り返っていこう。

2年目からチームの中心選手として活躍

前田健太選手は、大阪のPL学園高校からドラフト1位で広島東洋カープに入団した。当時はエースで4番。最速は148km/hを記録しつつ、高校通算で27本ものホームランも放っている。変化球も一級品で、キレのあるカーブを投げることから「桑田2世」と呼ばれていた。またコントロールやフィールディングにも優れており、当時から非常に完成度の高い投手だったのだ。
1年目は2軍での育成が中心になるものの、翌08年の4月にはプロ初登板を記録。5月には初勝利、そして9月には初完封と、2年目とは思えないほど順調な1年だった。最終的な成績は9勝2敗で防御率は3.20という数字に。そして2桁勝利を期待されていた3年目だが、最終的には8勝14敗とやや苦しんだ。それでも、29試合に先発し、規定投球回数もクリア。1年間ローテーションを守り抜いたことは大きく評価されている。
2年目に初勝利・3年目は初の規定投球回数到達。となると、次なる課題はもう明白だ。負け数を減らし、勝ち星を増やす(2桁勝利をあげる)。これが翌年以降に残された課題だった。

おすすめの記事