「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

九州地方の大学の中の野球の強豪校を紹介致します。

2017 3/3 09:51
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

大学野球の日本一を決める全日本大学野球選手権や、明治神宮野球大会は、出場のハードルも高い大会です。 今回はそんな大会で優勝した大学もある、九州の大学野球強豪校を戦績なども交えながら5校紹介いたします。

2度目の全国制覇へ向かいさらなる躍進を続ける「九州産業大学」

九州産業大学硬式野球部は、1960年に創部し、福岡六大学野球連盟に所属するチームで、全日本大学野球選手権大会へは14回出場しています。明治神宮野球大会も12回出場しており、2005年には全国優勝を果たし、それ以降も2度のベスト4進出といった記録を残しています。2016年は春季リーグ戦で2季ぶり37回目の優勝をしました。
練習は学内にある専用グラウンドで行われ、専用ブルペンやトレーニングルームもあります。
この野球部からは2016年のドラフト会議で高良一輝さん、高山竜太朗さんの2人が指名を受けています。他にも現役で活躍している中日ドラゴンズの浜田智博さん、北海道日本のハムファイターズ榎下陽大さんなどを輩出しています。

九州勢初の全国制覇達成の戦績を残す赤い旋風「日本文理大学」

日本文理大学硬式野球部は、九州地区大学野球連盟に所属する野球チームで、2002年に全日本大学野球選手権大会初出場を果たすと、2003年には九州勢として初の全国制覇を成し遂げました。監督の中村壽博さん、助監督の髙武良至信さん共に、その当時からの指導者です。2016年も九州地区大学野球選手権大会で優勝し、全日本大学野球選手権記念大会、明治神宮野球大会へ出場しています。
練習場所は専用グラウンドさくらボールパークで、室内練習場、トレーニングルームなどもあります。
東京ヤクルトスワローズの木谷良平さん、福岡ソフトバンクホークス新崎慎弥さんなどを輩出しています。

おすすめの記事