「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関西地方の大学で野球強豪校をご紹介

2017 3/3 09:51
野球選手 優勝
このエントリーをはてなブックマークに追加

史上初アマチュア五冠達成の栄誉を持つ「近畿大学」

近畿大学野球部は、1949年に創部され、関西学生野球連盟に所属しており、44回のリーグ優勝をしている。全日本大学野球選手権では1988年に初優勝を飾り、これまでに計4回の優勝を重ねて明治神宮野球大会でも2回優勝している。とりわけ平成元年となった1989年には全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会、春秋リーグ戦を制し、1997年には史上初のアマチュア五冠も達成し、2つグランドスラムを成し遂げている。
本拠地は生駒総合グラウンドで、室内練習場、トレーニングルームもある。2016年のドラフトで読売巨人軍から2位指名を受けた畠世周、阪神タイガースの藤川俊介、東京ヤクルトスワローズの荒木貴裕など、多くのプロ野球選手を輩出している。

歴史と実力に裏付けされた大学野球界の草分け的存在「同志社大学」

同志社大学野球部は、1889年に創部され、関西学生野球連盟に所属するチームである。全日本大学野球選手権大会で準優勝1回、明治神宮野球大会で優勝2回、準優勝1回の実績を持ち、2010年には24回目のリーグ優勝を果たし、2011年には2年連続で大学選手権出場を果たしている。
監督は2014年から澁谷卓弥さんが務めており、本拠地は同志社大学体育ハウス2である。
ここの野球部からは、元選手の田尾安志、宮本慎也、渡辺亮、読売ジャイアンツで活躍する現役の小林誠司など、多くのプロ野球選手を輩出している。

リーグ優勝23回の戦績を誇る「龍谷大学」

龍谷大学野球部は、1913年創部の関西六大学野球連盟に所属するチームで、活動場所は龍谷大学瀬田キャンパス内にある瀬田野球場である。監督は山本樹さんが務めており、約150名の部員が在籍している。 旧リーグ時代も含め、リーグ優勝23回の実績を誇り、全日本大学野球選手権大会にも13回の出場を果たしている。2015年には春季・秋季リーグとも4位、2016年の春季リーグでは3位の結果を残している。
現役プロ野球選手の中日ドラゴンズの古本武尊、東京ヤクルトスワローズの古野正人、福岡ソフトバンクホークスの柳瀬明宏をはじめ、多くの野球関係者を輩出している。

まとめ

関西の強豪校について、部が誇る輝かしい戦績などを交えてご紹介してきた。明治時代に創設された部もあるなど、どの野球部もそれぞれの特色がうかがえる。 関西の強豪校からはたくさんの野球関係者が輩出されている。 多くの仲間と切磋琢磨して、自分の夢に向かって頑張ってほしい。

おすすめの記事