「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関西地方の大学で野球強豪校をご紹介

2017 3/3 09:51
野球選手 優勝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

大学野球の強豪校と言われている大学にはプロを目指す選手も多く集まってくるので、リーグ戦では白熱した試合が繰り広げられている。今回はそんな強豪校のうち、関西地方にある大学野球部の沿革や戦績、OBなどについてご紹介しよう。

大学野球史上初グランドスラム達成を成し遂げた「関西大学」

関西大学野球部は、1915年に創部され、関西学生野球連盟に所属している。1972年には全日本大学野球選手権大会での優勝に加え、明治神宮野球大会優勝、関西六大学リーグ春・秋優勝という快挙を成し遂げ、大学球界初のグランドスラム達成に輝いている。2014年には34回目のリーグ優勝を果たし、明治神宮野球大会へ出場している。
監督は野球部OBの早瀬万豊さんが務めている。入部希望者も多く、2016年度には総勢160名を超えるなど、部員数が増加している。野球部OBには阪神タイガースで活躍する岩田稔もいる。

秋季リーグ戦を連続優勝で飾る「大阪商業大学」

大阪商業大学野球部の創部は1953年で、関西六大学野球連盟に所属しており、2016年時点で監督は富山陽一さんが務めている。普段は関屋グランドを使って練習している。 全日本大学野球選手権大会では過去2回準優勝しており、2015年もベスト8の成績を残している。2016年には秋季リーグ戦で優勝し、2年連続の関西選手権出場を決定させている。
この野球部からは、東北楽天ゴールデンイーグルス吉持亮汰、広島東洋カープの岡田明丈、中日ドラゴンズの金子丈や桂依央利など、多くのプロ野球選手を輩出している。

おすすめの記事