「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海地方4県の大学野球の強豪校はここだ。

2017 3/3 09:51
野球場 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

学生の野球というと高校野球が盛んに思えるかもしれませんが、大学野球はプロ野球での即戦力の選手も多くおり、劣らず注目を集めています。 そこで愛知県、三重県、岐阜県に静岡県を加えた東海地方の大学野球に焦点を当て、ご紹介します。

静岡県の最多優勝の強豪校 日本大学国際関係学部

日本大学国際関係学部は、静岡静学生野球連盟のリーグ戦で優勝回数が最多の19勝、代表決定戦で優勝4回、全日本大学野球選手権大会には3回出場している、静岡学生野球連盟の強豪校のひとつです。
この野球部からは、ドラフトでプロ野球に進んだ選手もいます。2009年には静岡学生野球連盟で初めてのドラフト指名を受け、松井淳外野手と麻生知史内野手が東京ヤクルトスワローズへ。2011年には清水貴之投手が福岡ソフトバンクホークスへ。2015年は柿沼友哉捕手が千葉ロッテマリーンズから指名を受けました。柿沼友哉捕手は現在もプロ野球選手として現役でプレーしています。

全国的にも有名になった岐阜県の強豪校 中京学院大学

中京学院大学は、2016年の全日本大学野球選手権で史上7校目となる初出場初優勝をして有名になりました。 強豪校の多くは、選手のバイトを禁止していますが、近藤監督は積極的にアルバイトをしなさいと言います。条件としては、授業に支障が出るといけないので、深夜勤務のあるコンビニ等のバイトは禁止、必ず賄い付きのバイトを選ぶことです。
現代は、母子家庭などが増えて家計が苦しく、野球をやりたくても諦めている学生も少なくないです。練習後にバイトをするのは大変ですが、賄いの食事があることで栄養も摂れて体力作りもでき、バイト代で生活費と用具代を賄うことができ、働く大切さもわかり人格形成にも役立っています。

おすすめの記事