「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大人も楽しめる野球漫画「ラストイニング」を紹介!

2017 3/3 09:51
野球監督
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

野球漫画は、熱血感あふれるスポ魂ものから恋愛を取り入れたものまで数多くありますが、子どもの時と違って興味が薄れたり、読むのが気恥ずかしいという人は少なくないのではないでしょうか。そこで大人でも楽しめる野球漫画をここでご紹介していきます。

主人公は元インチキセールスマンという異色の「ラストイニング」

野球漫画といえば泥臭く、青春を謳歌しているような雰囲気が多いですが、今回ご紹介する「ラストイニング」は高校野球の常識を覆すようなスタイルで描かれています。
主人公は選手ではなく、現役セールスマン。しかも如何わしい商品を売りつけるインチキセールスマンです。この主人公・鳩ヶ谷圭輔は会社が薬事法違反・詐欺容疑で捜査を受けると、上司に裏切られて拘束されてしまいます。一気に職を失った鳩ヶ谷ですが、窮地を救ったのが、かつての恩師で彩珠学院高校の狭山校長でした。
かつての野球名門校も最近は低迷し、来年結果が出なければ採算の取れない野球部は廃部にまで追い込まれ、彩珠学院高校のOBで13年前の中心選手だった鳩ヶ谷は狭山に懇願され、チームの監督を引き受けるのがストーリーの出だしになります。

選手を3タイプに分けて分析する主人公の鳩ヶ谷監督

主人公の鳩ヶ谷はセールスマンらしく、チームの選手を分析していきます。多くの社会人は、同僚や社外の人に自分なりの経験や直感によるイメージを持っているでしょう。鳩ヶ谷は人のタイプを3種類の動物に例えており、それぞれD(ドッグ)、C(キャット)、M(モンキー)と振り分けました。
このタイプはDが人に従順な犬に例えて、よく言うことを聞いて、集団性を重んじるタイプ。Cは気まぐれだが個人能力は高いタイプ。Mは計算高く表も裏も思考が回るといった具合になっており、各タイプ別に見ても社会人ならなるほどといってしまいそうになります。

おすすめの記事