「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役野球選手におすすめの野球漫画とは

2017 3/3 09:51
野球漫画
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by NorGal/Shutterstock.com

野球漫画には弱小チームのエースで4番となり、野球名門校のライバルたちをなぎ倒すストーリーが多く存在します。実際にプロ野球選手などは弱小野球部出身ではなく、ほとんどが野球名門校出身の野球エリート。野球エリートにスポットを当てた、現役選手にもおすすめできる野球漫画はあるでしょうか。

野球漫画といえば弱小チームがエリートを撃破していくものがほとんど

野球漫画といえば、高校野球を描いたものが多いです。球児の憧れである甲子園という舞台は読者にも受け入れやすさを持っており、野球を全く知らなくても、高校球児が甲子園を目指しているということはほとんどの人が知っています。
そこでありがちなのが、特殊な能力を持った主人公が弱小野球部に入って、野球エリートたちが集まる強豪校を撃破していくストーリーです。今までも多くの野球漫画で取り入れられてきました。しかし、それでは野球名門校に入部して、血のにじむように努力していったプロ野球選手や甲子園で活躍する高校球児には支持されにくいのではないでしょうか。

野球留学の主人公を描いた「ダイヤのA」

誰しもの野球を始めるきっかけになるのが、プロ野球や高校野球をテレビや球場で観戦した経験。多くの野球少年たちが全国放送のある甲子園に出場する球児を目の当たりにし、強豪・名門校に憧れを持っていたことでしょう。
そこで今回ご紹介したいのが、「ダイヤのA」という、主人公が野球留学して名門校に入部する野球漫画です。「ダイヤのA」で描かれているのは、主人公である沢村栄純の成長。左投手の沢村は、中学地区大会で自分の暴投で1回戦負けを喫しますが、たまたま訪れていた野球強豪校の青道高校スカウトによって才能を見出され、野球留学を勧められます。

おすすめの記事