「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

学生野球界でも異色の存在!?芦屋学園ベースボールクラブとは

2017 2/16 10:10
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

高校野球界の中でも異色の存在である「芦屋学園」。 何と高野連に所属せず、独自のシステムで選手たちを育てているというのです。 しかも2016年のドラフトでは、育成ながら選手が指名されるなど、着実に結果を残しています。 今回はそんな芦屋学園の秘密に迫っていきましょう。

野球連盟に所属しない芦屋学園

芦屋学園ではあえて「野球部」ではなく「ベースボールクラブ」を名乗っています。というのも、芦屋学園のチームは、野球連盟に所属していないからです。高校は高校野球連盟に、大学は大学野球に所属せず、独自の活動を行っています。そのため、野球部ではなく、ベースボールクラブと名乗っているのです。
そして、そのベースボールクラブに所属する生徒を2013年から募集し始め、2014年の4月から本格的に活動をスタートさせました。

芦屋学園独自の育成システム

では、その独自の育成システムとはいったいどんなものなのでしょうか。
その最大の特徴は、独立リーグのチームと提携しているということでしょう。芦屋学園では、関西独立リーグに所属している「兵庫ブルーサンダース」と提携し、芦屋大学ベースボールクラブをチームの2軍として受け入れてもらっています。大学生はブルーサンダースの選手たちと合同で練習したり、社会人チームやクラブチームと練習試合をして実戦経験を積んでいるのです。
高等部はあくまで育成専門の3軍として考えられており、実戦練習よりも体の使い方やフォーム固めなど、基礎的な練習を徹底的に叩き込まれます。しかし、十分に実力がついてきたと首脳陣に認められれば、高校に在籍しながら大学の練習に参加したり、さらにはブルーサンダースの試合に出場することもできるのです。
また、コーチにも元プロ野球選手を招聘しており、非常にハイレベルな指導を受けることができます。恵まれた環境で長期的な指導を行うことができるのが芦屋学園の魅力です。

おすすめの記事