「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017WBC・本戦前に注目メジャーリーガーを予習しよう!

2017 2/14 09:57cut
baseball,stadium
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ

野球大国アメリカはいまだにWBCで優勝はなく準優勝すらありません。しかし、今回は最強メンバーとはいえないものの豪華なメンバーを揃えてきました。
投手では2016年のポストシーズンでも大車輪の活躍をしたアンドリュー・ミラー選手(インディアンズ)に注目です。ミラー選手は左の中継ぎ投手でセットアッパー、クローザーを務めます。昨シーズン途中にヤンキースからインディアンズへ移籍しポストシーズンに出場。ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップでは4試合に登板し7.2回を投げ14奪三振、防御率0.00を記録しMVPにも輝いています。左のサイドから投げ込むストレート、スライダーはわかっていても打てない魔球でもありWBCでも期待がかかります。

打線で注目したいのは、イチロー選手と同じマーリンズに所属するリーグ屈指のスラッガー・ジャンカルロ・スタントン選手です。スタントン選手は2014年オフに13年3億2500万ドルという巨額契約を結んでいます。その契約後は故障もありフルシーズンの出場はありません。しかし、2015年は74試合、2016年は119試合でそれぞれ27本塁打放っておりパワーは健在です。桁違いのパワーに注目が集まります。

ドミニカ

第3回WBCの覇者であるドミニカは今大会でも多くのスーパースターを代表に招集しました。
投手の注目は田中将大選手(ヤンキース)と同僚のデリン・ベタンセス選手です。ベタンセス選手は2011年にメジャーデビューし2014年からヤンキースの中継ぎエースに定着。3年連続70試合以上に登板する鉄腕です。奪三振が投球回数を大幅に上回っており、メジャー通算254.2回で404個の三振を奪っています。WBCでも奪三振ショーを見ることができるかもしれません。

野手の注目選手はロビンソン・カノー選手(マリナーズ)でしょうか。カノー選手は岩隈久志選手の所属するマリナーズでプレーしており、日本のテレビ中継で見る機会が多いかもしれません。また、2014年の日米野球でも来日しています。2013年のWBCでは8試合に出場し打率.469、2本塁打、6打点の活躍を見せ大会MVPを獲得。今大会では松坂大輔選手(ソフトバンク)以来となる2大会連続でのMVPを狙います。

おすすめの記事