「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年・第4回WBCレビュー 1次ラウンドの対戦国はどんな国?

2017 2/14 09:57cut
baseball,world
このエントリーをはてなブックマークに追加

サプライズのなかった代表メンバー

第4回WBCの日本代表登録メンバーが発表されました。ほぼ、順当な選出をなっておりサプライズはありません。小久保裕紀日本代表監督が就任後に試してきた選手が選ばれており納得のものとなったと言えそうです。しかし、中島卓也選手(日本ハム)、大谷翔平選手(日本ハム)の出場辞退があり田中広輔選手(広島)、武田翔太選手(ソフトバンク)が選出されたことは予想外となったかもしれません。

★代表メンバー(敬称略)

【監督:1名】
小久保裕紀
【コーチ:6名】
権藤博
奈良原浩
大西崇之
仁志敏久
稲葉篤紀
村田善則
【投手:13名】
平野佳寿(オリックス)※
増井浩俊(日本ハム)
宮西尚生(日本ハム)
牧田和久(西武)
則本昴大(楽天)
菅野智之(巨人)
秋吉亮(ヤクルト)
千賀滉大(ソフトバンク)
石川歩(ロッテ)
松井裕樹(楽天)
藤浪晋太郎(阪神)
岡田俊哉(中日)
武田翔太(ソフトバンク)


【捕手:3名】
大野奨太(日本ハム)
嶋基宏(楽天)
小林誠司(巨人)


【内野手:6名】
中田翔(日本ハム)
松田宣浩(ソフトバンク)
菊池涼介(広島)
坂本勇人(巨人)
山田哲人(ヤクルト)
田中広輔(広島)


【外野手:6名】 内川聖一(ソフトバンク) 秋山翔吾(西武) 鈴木誠也(広島) 筒香嘉智(DeNA) 青木宣親(アストロズ) 平田良介(中日) 【予備登録選手:9名】
平野佳寿(オリックス)
野村祐輔(広島)
大瀬良大地(広島)
澤村拓一(巨人)
森福允彦(巨人)
石田健大(DeNA)
山崎康晃(DeNA)
増田達至(西武)
岩貞祐太(阪神)

※平野選手はメンバーですが予備登録選手に含まれています。

大谷選手の辞退

日本代表メンバー発表後に大谷選手が右足首の故障により辞退となりました。報道によると2016年の日本シリーズで痛めた箇所が回復しないとのことです。野手としての出場は可能だが投手としては出場できない状態でした。小久保監督は苦渋の決断をし、大谷選手をメンバーから外すことにしたのです。

大谷選手の辞退は日本だけでなく、アメリカでも大きく報道されるほどの衝撃を与えたのです。『今回のWBCで観客を呼べる選手の一人』という触れ込みもあるほど『日本のベーブルース』こと大谷選手は注目されていたのです。
大谷選手の代わりに招集された武田選手は追加招集が決定する前から、WBC球で練習していたといい準備は万全です。伝家の宝刀でもあるカーブを武器にWBCで戦います。

また、2大会ぶりにメジャーリーガーが参戦しました。ダルビッシュ有選手(レンジャーズ)、田中将大選手(ヤンキース)、前田健太選手(ドジャース)といったエース級は出場できませんでしたが青木選手が参加を表明したのです。青木選手は2009年以来2大会ぶり3度めの出場です。プレーだけでなく各国のメジャーリーガー情報など情報源としても期待されています。

おすすめの記事