「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

足元から始まるファインプレー。野球で使うスパイクの手入れの仕方とは

2017 2/9 09:26
野球 スパイク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/ Shutterstock, Inc.

打って、守って、走る。いずれも野球の重要な要素ですが、白球を追いかけたり全力でベースを一周するためにはスパイクの存在が欠かせません。丁寧に扱ってこそ安定したパフォーマンスの発揮につながりますが、そのために普段どういった手入れがベストなのかを考えていきましょう。

最初に知っておきたいスパイクの基本知識

まず最初に、スパイクがどのような素材で作られているのかを見ていきましょう。足の甲の部分は皮革や合成樹脂でできており、他のスポーツよりも走攻守の際の摩擦による負担が大きいので、丈夫な素材が使われています。
一方で足の底の部分は、安全性を考慮して少年野球やソフトボールでは樹脂・ゴム製のポイントスパイクとなっていますが、一般的には金属が使われています。これは地面を捉えやすくすることで、安定的なパフォーマンスを発揮するためです。

スパイクの金属部分の特徴

金属式のスパイクにも2つの種類があります。1つ目は、埋め込み式と呼ばれるものです。これは文字通り靴底に金属が埋め込まれているタイプのスパイクであり、軽量で突き上げ感がなく疲労を感じにくい、という特徴があります。半面、一度すり減ってしまうと取り替えがきかないので注意が必要です。
2つ目は、取り替え式です。金属の刃を靴底に埋め込んであるタイプのものであり、すり減っても自分で取り替えることができる半面、金属部分が多いので重みを感じ、疲労を感じやすくなります。

おすすめの記事