「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

グローブの手入れは尊敬されるプレーヤーへの第一歩

2017 2/9 09:26
野球 グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Scharfsinn/ Shutterstock, Inc.

野球をする上で欠かせないパートナーの1つに、グローブがあります。ボールをキャッチするという重要な役割を果たすこのパートナーを丁寧に扱う事は、野球人として尊敬される事にもつながります。今回は、そんなグローブの手入れの仕方を野球選手の事例も挙げながら紹介していきましょう。

まず最初に知っておきたいグローブのタイプ

グローブは、守るポジションによって構造が少しずつ違ってきます。
ショートやセカンドは送球の機会が多いので球離れの良い小型モデル。サードやピッチャーはバランス重視の中型モデル。フライキャッチなど、高く上がったボールを追いかける機会の多い外野手はボールを捕らえやすい大型モデル。ファーストとキャッチャーは、ボールをキャッチする機会が圧倒的に多いので、指の部分が他のポジションのように5本指ではなく、親指とその他の指、という構造のミットとなっています。

最初に行うべきグローブの手入れとは

グローブの手入れは、購入した時から早速必要になります。最初の段階では硬さがあるため、できるだけ早く手になじませるためにいくつか講じておくべき手段があるのです。
まずは、ヒモをゆるめて手を入れやすくし、操作性をよくします。その次に、グローブ専用のオイルを全体的に薄く塗っておきましょう。革が伸びて柔軟性が出てきます。塗りすぎると柔らかくなりすぎて型が崩れたりするので注意が必要です。こうした作業により、購入してすぐに自分の手になじんだベストパートナーが出来上がるのです。

おすすめの記事