「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

運命のバットを長持ちさせる手入れの仕方

2017 2/9 09:26
バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by aldegonde/ Shutterstock, Inc.

これだと思える運命のバットに出会ったら、少しでも長く使いたいですね。一流の野球選手はバットをとても大切に扱うそうです。バットを長持ちさせるために知っておきたい手入れの方法をご紹介します。

木製バットの手入れの仕方その1 水は禁物

木製のバットに水は禁物です。汚れても水道水で丸洗いなどはもってのほかです。バットは塗装をしてあっても空気と水分が出入りしています。木は生き物ですから、空気と水に触れると本来の姿に戻ろうとします。つまり太陽の方向に傾いてしまうのです。バットが汚れたらすぐに拭きとって清潔な状態を保ちます。小石などがバットに食い込んだ状態で打つと、打ち味が悪くなるだけでなく、損傷により折れやすくなります。
使用後はバットについた泥や汚れを丁寧に落とします。水気は厳禁ですから必ず乾いた布でふきましょう。

木製バットの手入れの仕方その2 ホワイトアッシュ材

ホワイトアッシュ(アメリカトネリコ)はアッシュ材の性質上、ボールを打つ衝撃で木材がゆがみ、表面が平らではなくなります。反発力を高めるためにヘッド部分をならし、木目(もくめ)を詰めることをおすすめします。
方法はビールの中瓶などでボールが当たる部分を力強く押さえます。へこんでいる部分をならすことで打ち味が良くなります。押し込むように押して下さい。メイプルなどは木目が均等である場合が多く、表面はあまりダメージを受けないため木目を詰める必要はありません。

おすすめの記事