「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球の指導者に必要なメンタル面の考え方

2017 2/9 09:26
野球 コーチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Joseph Sohm / Shutterstock, Inc.

野球を指導するにあたって、難しいのが選手のモチベーションの維持です。選手が練習の成果を試合で発揮するためには、モチベーションの向上が必須となります。これにはメンタル面のトレーニングを行う必要があります。ここではメンタル面の考え方についてご紹介していきます。

ミスをした選手に叱り飛ばすのはメンタル面でNG

選手はエラーなどのミスをすると、体が固くなってしまいます。そのタイミングで練習や試合で叱り飛ばすのは得策とはいえません。なぜなら、そのミスを反省し、悔しい思いをしているのは誰よりもその選手だからです。分かっていることを指摘されることは誰でも嫌なものです。選手のメンタルはズタズタになっていきます。重要なのは、次に同じようなミスをさせないことです。
しかし、怒らないからといって、指導者がそのミスに対して無関心なのもマイナスです。そこで、プレッシャーを与えずに選手に対して安心感を与えるような言葉をかけるようにしましょう。

ミスをしても全員でフォローをする雰囲気作りを行う

練習でのミスよりも試合での痛恨のミスは緊張感がけた違いな分、勝敗にも影響します。そこで練習の時からミスをしても責めず、身体の緊張をほぐすように声をかけあう雰囲気を作り上げることが大事です。大きな声が出れば緊張をほぐす効果があるからです。
また、野球はチーム全員で行うものという認識を持たせることも大切です。一人がミスをしても周りがカバーをすることでチームプレーが生まれます。誰かがミスをしても、周囲の選手を見るように指導していれば、一人で悩んで固くならずに次のプレーに備えることができます。

おすすめの記事