「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

チームの要となるキャッチャーのメンタル力向上とは

2017 2/9 09:26
捕手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov/ Shutterstock, Inc.

野球の中で、捕手というのはかなり重要なポジションといえます。守備面ではチームの監督として機能しなければいけません。捕手はメンタル面で強くないと、チームをまとめることはできません。ここでは捕手のメンタルトレーニングについてご紹介していきます。

なぜキャッチャーにメンタル力が必要なのか

キャッチャーはピッチャーの配球、相手打者の心理、相手ベンチの作戦、自チームの守備位置、これらを走者の数や点差、イニング数でさらに細かく指示を出すことが必要です。一球ごとに指示を出すのは恐らくキャッチャーを務めているものにしか分からない苦労といえます。何よりピッチャーの球数ばかりが問題になっていますが、ピッチャーが投げた分だけキャッチャーもほぼ同じ球数を投げています。
さらに、立ったり座ったりの繰り返しで、かなり負担がかかり、身体面はどうしても疲労度が上がります。そこでメンタル面において少しでも身体面の負担を軽減することが大事といえます。

効果的なメンタルトレーニング方法

メンタル面の強化に有効なのは、呼吸法です。これは深呼吸のことをいいます。
一般的に当たり前のこととなっていますが、深呼吸というのは誰かの前に立って発表するときや、運動会など小学校や中学校、高校でもあらゆる場面で行ってきているものです。メンタル面で弱い人というのは緊張でガチガチになってミスをすることが多くなります。緊張すると呼吸が速くなり、脳に酸素が行きわたらなくなってしまいます。
それを軽減するためにも、大きく深呼吸をして心を落ち着かせることは、適度に脳へ酸素を供給してくれるため、有効だといえます。

おすすめの記事