「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役バッターメンタル管理方法について

2017 2/9 09:26
バッター ボックス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Keeton Gale / Shutterstock, Inc.

バッターボックスに立つと緊張をしてしまい、普段の実力が発揮できないという人もいるのではないでしょうか?そんな人たちのためにプロの現役バッターがどうやってメンタルを管理しているのかをご紹介します。

バッターの試合前のメンタル管理

試合の前には、リラックスをして過ごすことが大切です。自分がホームランを打ったときやヒットを打ったときの感触を思い出しながら、バットを振りましょう。軽く体を動かしてストレッチをしたり、チームメイトと楽しく談笑するのもリラックスできるのでお勧めです。
「今日の試合打てなかったらどうしよう」「最近打てていないから打てるかな」というようなネガティブな感情が浮かんできたら、腹式呼吸や深い深呼吸をすることに意識を向けて、ネガティブな考えを追い出しましょう。

バッターの試合中のメンタル管理

試合の時にバッターボックスに立つときには、いつも「自分は打てる」とつぶやいてから行くようにしましょう。2ストライクになって追い込まれると「三振してしまうかも」「やっぱり自分には打てないかもしれない」という気持ちが沸いてきてしまうこともあります。そう思ったときには「大丈夫自分は打てる力がある」と言い聞かせ、深呼吸をしたり体を動かしたりして、気持ちを切り替えるように意識してみましょう。
自分がホームランやヒットを打ったイメージを感じながらバットを振るといいです。

おすすめの記事