「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役ピッチャーのメンタル管理方法について

2017 2/9 09:26
ピッチャー マウンド
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brocreative/shutterstock.com

野球のポジションの中でも特にプレッシャーがかかり、メンタル面が左右されるポジションがピッチャーです。プロの選手はどのようなメンタル管理をして試合に臨んでいるのか、具体的な方法をご紹介します。

ピッチャーの試合前のメンタル管理

ピッチャーのメンタル管理は、試合前からすでに始まっています。緊張をしていたり、打たれてしまったらどうしよう、失敗は許されない等様々な不安が胸の中にあるかもしれません。
まずはしっかりと深呼吸をして呼吸を整えましょう。深く息を吐くことで、ネガティブな気持ちも一緒に吐き出すようにイメージするようにしましょう。呼吸が落ち着いてきたら、自分自身に対して小さな声で「大丈夫。自分ならやれる」とポジティブな言葉を発しましょう。

ピッチャーの試合中のメンタル管理

試合中はコントロールが乱れてフォアボールを出してしまったり、ホームランを打たれたりと精神的に追い込まれる場面も多くあります。
その時に一番大切なことは気持ちを切り替えることです。いつまでも「あれはストライクのはずなのに」とか「あの球を投げたから打たれた」と終わったことを引きずっていてはどんどん自分を追い込んでしまいます。「大丈夫、自分はまだまだやれると自分自身に言い聞かせ、その場で軽くジャンプを気持ちの切り替えをしましょう。

ピッチャーの練習の時にメンタル管理

練習のときには、自分がどうやったら気持ちを切り替えることができるのか、自信を持って強気にピッチングをすることができるのかを繰り返し実践してみる良い機会です。
ストライクが入らないときには、「次は入る」と三振を取っているイメージをして投げてみたり、投げる前に一度しゃがんでみたり上を見たりと、気持ちを切り替える動きをいろいろとしてみましょう。自分が一番心が落ち着く方法を見つけることで、試合でも同じように落ち着苦ことができるようになります。

ピッチャーのメンタル管理、田中将大

楽天イーグルスからヤンキースに所属し、メジャーリーグでも大活躍をしている田中将大選手は、メンタルが強いことでも有名です。田中投手は高校時代には、ピンチになったりコントロールが乱れると怒りをあらわにすることもありましたが、プロとなりメンタル面を強化しました。
特にピンチや打たれてしまったときのメンタルが他のピッチャーと違います。フォアボールを出してしまったこと、打たれてしまったことには目を向けず、自分が今できることは何かに意識を集中することができるからです。

ピッチャーのメンタル管理をするには

ピッチャーのメンタル管理は、1日でできるものではありません。緊張をしすぎたり不安に思っていては、自分の力を発揮できず悔しい思いをしてしまうこともあるでしょう。
まずは自分が「大丈夫」と納得できるくらい全力で練習を行い、心の不安を取り除きましょう。体を動かしてしっかりと練習を行い、頭の中で常に打ち取ったイメージを思い浮かべ「自分はできる」と体と頭にしみこませましょう。自分が緊張している、息が浅くなていると自分を客観的に見ることができると気持ちを切り替えることもできます。

まとめ

ピッチャーのメンタル管理について紹介しましたが、いかがでしたか?メンタルを強くするためには日々の練習が欠かせません。メンタル管理はプロだからできるというわけではなく、誰でもできます。
メンタルを管理して強いピッチャーを目指しましょう。

関連記事

おすすめの記事