「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球少年を悩ませる成長痛、その痛みとケアについて

2017 2/9 09:26
野球 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by tammykayphoto/ Shutterstock, Inc.

野球をしていると肩や肘、膝や踵などに痛みを感じる事はありませんか?多くは成長痛と呼ばれるものです。個人差はありますが、日常的にスポーツをする子や、成長期の子に多く見られます。ここではその成長痛と、上手に付き合っていく方法をご紹介します。

成長痛って何?

医学的には「骨端症」というようです。筋肉や骨、関節の未熟な子どもが活発に動くと、骨の端にストレスがかかります。骨の成長元である骨端部分は柔らかい軟骨組織になっているので、大きなストレスが加わると炎症などを引き起こし、痛みを感じてしまうのです。
このように子どもが成長する時の、痛みを伴う病気や疾患をまとめて「成長痛」と呼んでいます。個人差があり、誰もが成長期に経験する訳ではありませんが、幼児から中高生くらいまでの子どもに起こる症状です。中でも「オスグッド」と呼ばれる、膝のお皿の下が腫れて痛む症状は、スポーツをしている中学生に多く見られます。

成長痛の部位と痛みの原因

膝下の成長痛(主にオスグッド)の原因は、激しいスポーツによって繰り返し負担がかかる事や、運動前後のストレッチ不足、体が硬い事や偏った体の使い方をしている事、何度も同じ動作をする事などです。肩や肘の成長痛の原因は、野球の場合は投球動作を繰り返し行う事です。肩や肘の痛みを感じる骨の端の、軟骨組織にくっついている筋肉が引っ張られ、炎症などを起こします。踵の成長痛の原因は、ジャンプしたり走ったり活発にスポーツを行う時、踵の軟骨をふくらはぎの筋肉が引っ張り、軟骨に負担がかかる事です。
その他にも腰や背中など、成長する骨の部分によって、痛む部位が変わってきます。いずれも激しくスポーツをする事で痛みが引き起こされるようです。

おすすめの記事