「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球の試合前後にしておきたい!実力を発揮する為の体のケアとは

2017 2/9 09:26
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Naatali/ Shutterstock, Inc.

野球をしている人なら誰でも、試合では自分の力を十分に発揮したいと思うでしょう。でも思うように体が動かない?連戦になると疲れが抜けない?そんなお悩みをお持ちの方に、今回は試合の前後に実践して欲しい体のケアをご紹介します。

まずはフィジカルを強化する

肉体能力の維持や強化を目的に行う肉体的な運動を、フィジカルトレーニングといいます。関節の柔軟性や可動性を向上させるストレッチング、サイクリングやウォーキング、軽めのジョギングや水泳など、心肺機能を向上させる有酸素トレーニング、筋力を増やすウェイトトレーニング等の無酸素運動トレーニング、の3つに大まかに分けられます。
球技などのスポーツ全般で、フィジカル強化はとても重要です。鍛えられたフィジカルによってテクニックが活きるようになるので、まずはしっかりとフィジカル強化に取り組みましょう。

練習から試合に対する準備をする~練習中のケア~

練習は実践を想定し、イメージを持って取り組む事が大事です。打席でピッチャーと対峙した自分をイメージしながらスイングしたり、守備の送球は相手を思いやるボールを投げたり。ピッチャーは色々な場面を想定しながらピッチングを行ったり。常に試合だという意識を持って練習する事が、試合でのいいプレーに繋がります。
また野球は音に反応するより、目で見て反応するシーンの方が多いので、視覚を合図にした短いダッシュを繰り返すと実践的です。視覚神経からスムーズに運動神経へと伝わる能力が高められるので、試合前に取り入れたい練習のひとつです。

おすすめの記事