「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体のケアが大事!野球のキャッチャーが気を付けるべきこと

2017 2/9 09:26
キャッチャー 野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jamie Roach / Shutterstock, Inc.

キャッチャーはピッチャーの投球を捕球する他に、送球や牽制も行います。本塁上でのクロスプレーではランナーを体ごと防ぐことも。怪我をする可能性が高いキャッチャーですが、怪我をしない為にどんなケアをすればいいのでしょうか?今回はキャッチャーがするべき体のケアについてご説明します。

キャッチャーがしやすい怪我とは

まずは親指の突き指です。キャッチャーを経験した人なら悩まされた事があるかと思いますが、恐怖心からボールを最後までしっかり目で追わない事や、ミットの構え方が悪い事でしやすくなります。
次にファールチップによる打撲や、バットでの怪我です。バッターが打った後に投げたバットが飛んできたり、振り切られたバッドが、キャッチャーの腕や後頭部に当たってしまう事がたまにあります。本塁上でのクロスプレーが怪我の原因としては多かったのですが、2016年から体当たりなどの危険なクロスプレーが禁止される事になった為、クロスプレーでの怪我は減ると思われます。

キャッチャーが痛めやすい箇所とは

キャッチャーは膝を深く曲げる姿勢が多いポジションです。その状態から立ち上がって投げる動作を繰り返し行う事で、膝に使い過ぎや疲労による炎症を起こしやすい傾向にあります。特徴的な姿勢によって腰の筋肉が緊張状態になり、腰椎椎間板ヘルニアになる可能性も。
またピッチャーと同じように、時にはそれ以上にキャッチャーはボールを投げる回数が多く、想像以上に肩に負担がかかり、肩を痛める事があります。さらに捕球時には、腕を内側に捻るような動作をする為、肘も痛めやすい箇所です。

おすすめの記事