「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球選手の中でもピッチャーってどんな体のケアをしているの?

2017 2/9 09:26
野球 ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Photo Works / Shutterstock, Inc.

野球の中で中心となるのがピッチャーですが、ピッチャーというのは守備の間ずっと投げているので体力の消耗も大変激しいポジションなのです。ここではピッチャーに起こりやすい怪我やどのようなケアをしているのかを説明していきます。

ピッチャーに起こりやすい怪我、その原因とは

ピッチャーに特に多い怪我は肩関節唇損傷で、プロ野球選手の中からも毎年のように手術や長期離脱する人が出ています。投球動作が多い投手は肩関節への負担も大きい為、関節唇が損傷し肩を動かす時に関節がうまく動かず可動域が狭くなってしまい、強い痛みも伴います。
またピッチャーは、ハードな練習等で下半身に疲労が蓄積している為に腰痛を伴ったり、変化球などを無理なフォームで長年投球を続けている事で肘関節靭帯損傷を引き起こす場合もあります。

ピッチャーに起こりやすい怪我の予防方法は?

野球肩は重症になってしまうと短期間では治りにくい為、軽症のうちに治療することが求められます。また肩関節唇損傷には腰部や股関節や柔軟性を高め正しいフォームを身につける事で肩への負担を減らすといった予防も大切です。
同時に野球肩や腰痛はオーバーユースによって起こることが多いので、定期的に身体を休ませ筋肉の負担を減らす、練習メニューの見直し、そして栄養バランスの良い食事をして入浴、睡眠といった日常の生活でしっかり疲労を回復させることも重要です。

おすすめの記事