「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球選手が腰を壊してしまう原因とケア方法

2017 2/9 09:26
野球選手 腰
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Keeton Gale/shutterstock.com

野球選手の中には腰痛を抱える人が意外に多いと言われます。今回は一体何故、野球選手が腰を痛めてしまうのか、またどのようなケア方法があるのかについてご紹介していきます。

野球選手が腰を壊す原因とは

野球選手が腰を壊す原因には、中腰での構えから前後左右やスライディングなど多くの動きをしている事、特に内野手は特守の練習においても長時間前傾の姿勢を保ったままとなっており、こうした運動で腰回りが酷使されています。
また股関節周囲筋の柔軟性低下や、大腿四頭筋の発達によって骨盤が前傾するなどで腰痛を引き起こすこともあります。これらはお尻が大きく太ももの前も太いといった野球選手の体形にも関係があり、オーバーユースによってさらに腰の骨に負担がかかってしまうのです。

腰を痛めてしまうポジションは?

野球のポジションの中でもキャッチャーはしゃがみこんだ体制のまま長い時間をすごす為、背中や腰の筋肉が緊張しやすく、そこへ疲労も積み重なると腰痛を引き起こす事があります。ピッチャーがボールを投げる瞬間は腰にも強い力がかかっており、その同じ動作を繰り返す事によってオーバーユースとなっていきます。
また野球は停止の状態から急な動きに移る事が多く、バットスイングにおいても体の負担が左右どちらかに偏ってしまう事なども疲労の蓄積となり腰を痛める要因になっていきます。

おすすめの記事