「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球には肩のケアが欠かせない

2017 2/9 09:26
野球 送球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Debby Wong/ Shutterstock, Inc.

野球をやっていると野球肩と呼ばれる肩の痛みに見舞われる事が決して少なくありません。今回は、野球肩になってしまう原因やどのようなケア方法があるのかについて解説していきたいと思います。

野球肩とは

野球をやっていると、投球動作がくり返し行われる事になり、これによってインナーマッスルが疲労して肩関節の囲りが炎症を起こし、悪化していきます。これが野球肩で、肩関節の反復的な使用により、疲労が蓄積されたことで発症します。
軽傷であれば投球をストップして治療すれば1ヶ月程で完全に痛みも取れますが、重症の野球肩になると治るまでに3ヶ月以上かかってしまったり、手術をしても痛みが取れず、元通りのボールが投げられない事もあるので軽傷のうちに治療する事が大切なのです。

野球選手が肩を痛めやすいプレーとは

例えばダイビングキャッチ、ヘッドスライディング、ピッチャーが速球を投げるなどは1回の衝撃が強く肩に痛みが走る事があります。またボールを投げる頻度が高いピッチャーやキャッチャーは肩の使いすぎが野球肩の原因となり、知らない間に肩が痛くなっていきます。
野球肩はボールを投げる瞬間が痛いや、練習後に痛くなるから手を上げたり、着替えの際も痛くなる、と段々進行していきます。時間が経つと痛みは増して治療も長期化する為、少しでも痛みがあったら専門医に診てもらいましょう。

おすすめの記事