「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球の選手が膝を壊してしまう原因とケアについて

2017 2/9 09:26
野球選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Blacqbook/ Shutterstock, Inc.

スポーツ選手が一番痛めやすいと言われているのが、膝です。特に、走ることが多い野球選手にとって膝はとても大切です。今回は、どうして野球選手が膝を壊してしまうのか、またどのようなケア方法があるのかを項目ごとに説明していきたいと思います。

そもそも膝ってどんな仕組みになってるの?

まず始めに、おおまかな膝の仕組みについて見ていきましょう。太ももの中にある大腿骨とすねの中にある脛骨を結ぶのが膝の関節です。その大腿骨と脛骨は、4本の靱帯でつながっており、クッションの役割をする半月板や軟骨といった組織、さらに関節包が関節全体を包んでいて、膝関節がスムーズに動く為にそれぞれが重要な働きをしているのです。
日常生活の中で行っている、歩く、走る、あるいは、立つ、座るといった動作すべてにおいて膝を使っている事を考えると、いかに膝関節が休みなく働いているかが改めて分かります。

野球選手が膝を壊してしまう原因とは

では膝は自身の体重を支える場所という点を踏まえて、野球で膝を痛めやすいポジションについて見ていきましょう。腰を沈めて座り、そこから何度も立ち座りを繰り返すキャッチャーは膝に大きな負担がかっています。投手も膝でタメを作って投球し、投げた後は片足で体を支えるという動作を繰り返していますので、軸足の膝には負担がかかります。
また、野手についてもバッティングや走塁、無理な体勢からスローイングなどの守備で膝に負担がかかっており、これらの長年の積み重ねが深刻なダメージとして表れることがあるのです。

おすすめの記事