「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球に多い肘の故障、その予防やケアの方法とは?

2017 2/9 09:26
野球 肘 ケア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by tammykayphoto/ Shutterstock, Inc.

野球による肘の故障は一般に「野球肘」という名称で知られています。この疾患の原因は、繰り返される投球動作による肘の使い過ぎです。ここでは野球肘の予防方法や、痛みのケア、効果的なストレッチ法などをご紹介していきます。

野球で肘を痛める原因は?

野球肘は主に少年野球をする成長期の選手の、特に投手に多くみられる疾患で、投球動作を繰り返し行うことで骨が障害されることによって起こります。
主な症状は肘の疼痛ですが、将来的に骨の変形など重大な障害を残す場合もあるので注意が必要です。大人の野球肘が肘の靭帯そのものが損傷するのに対し、子どもの場合、ほとんどが靭帯が付着している骨や軟骨部分が障害を受けます。投球動作の中でもボールが手から離れる直前の最も加速をかける瞬間に、最も強い負担がかかると言われています。

肘に痛みを感じたらすべきこと、また予防法は?

野球などを日常的にやっていて、もし肘に痛みや違和感を感じた時は、放置せずにまずは整形外科など医療機関を受診し、正確な診断と適切な指導・治療を受けて下さい。しばらく安静にするよう指示されて辛いかもしれませんが、ここで無理をすると将来全く野球ができなくなったり、日常生活にも支障を来たすことがあります。
まだ痛みがない状態でも、腕を前に伸ばし、指を逆向きに反らせるストレッチを行って野球肘を未然に防いだり、異常を確認するようにしましょう。

おすすめの記事