「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

いよいよ復活!東京オリンピックでは野球に注目!

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Pumidol/Shutterstock.com

大熱戦のうちに幕を閉じたリオデジャネイロオリンピック。 次はいよいよ2020東京大会です。東京大会では野球・ソフトボールが競技種目として復活します。 先のことではありますが、その展望、代表候補選手などについて予想してみようと思います。

東京大会からは種目に復帰。

北京オリンピックを最後に、野球はオリンピックの公式種目ではなくなりました。 サッカー等と比べ世界での競技人口が非常に少ないこと、競技会場の確保が難しいこと、競技時間の制約が難しいこと、等から除外されてしまったのです。
今回、既に施設のある東京での開催ということや、7イニング制にするといった改良点と、懸命なロビー活動も相まって復活となりました。 侍JAPANの力を世界に見せつける絶好の機会が訪れたといえるでしょう。

日本代表になることが期待されるピッチャーは?

まず、ピッチャーからみていきましょう。 オールプロ選手でのチーム編成という前提での話になりますが、まさに大谷(日本ハム)、藤浪(阪神)の世代は26歳と働き盛りの年齢になっています。この世代を代表する二人は確実に選出されるはずです。
また、松井裕(楽天)、高橋光(西武)、田口(巨人)等現在既に活躍している高卒2年目・3年目の選手が非常に多く、この辺りの選手が選出される可能性もあるでしょう。
それ以外にも菅野(巨人)、野村(広島)、則本(楽天)、小川(ヤクルト)といった東京大会時点で30歳前後の選手も期待できます。

おすすめの記事