「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球で背番号9番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号にはそれぞれに意味があり、求められる役割が番号によって変わるものだ。今回は、プロ野球において9番をつける選手の特徴や受け継がれる9番というテーマにも触れながら、背番号9が意味する役割について紹介しよう。

背番号9番の意味とは?

子供のころに少年野球をやっていた人ならご存知かと思うが、少年野球で9番は通常右翼(ライト)の守備につく子がつけることの多い背番号だ。 今でこそそんなことはないが、かつてはライトの守備についている子というのは、チームのレギュラーの中では一番守備が下手な子が多かったものだ。 なぜかというと、右利きの選手の方が昔は多かったし、少年野球では流し打ちをするよりも、引っ張ることの方が多かったので、打球がライトに飛ぶ頻度が低かったからだ。 この流れを決定的に変えたのがイチロー選手だ。1死1塁でシングルヒットでランナーが3塁にいけないよう、ライトの守備の重要性が高まったので、今ではむしろ子供たちがライトを守りたがるようになった。

日本のプロ野球における9番の意味

日本のプロ野球界では、特にどのポジションの人が9番をつけるという決まりはないが、ひとケタの背番号をつけている選手は、だいたいの場合において主力選手のことが多いようだ。 また、チームは異なっても、同じ番号をつけている選手はタイプが似通っていることが多い。アベレージヒッターがいれば、ホームランバッターがいたり、守備のうまいイブシ銀がいたりと、共通点を見ていくと非常に面白い。

おすすめの記事