「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球で背番号8番を背負う意味とは?

2016 7/31 18:20
野球、8番
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号というのは、それぞれに意味があり求められている役割というのがある。そこで、今回は背番号8が意味する役割を紹介したい。

野球界における背番号8の意味

そもそも野球の背番号はいつ始まったのだろうか?起源は古く、1833年にはシンシナティのチームが要望したそうだが、正式な使用は1929年のニューヨーク・ヤンキースまで下りる。 日本で始めて使用されたのは1931年の高校野球(当時は選抜中等学校野球大会といった)からで、同じ年に行われた日米野球でも、背番号制が導入された。 野球界における背番号の意味は、少年野球や高校野球、大学野球などの学生野球でも異なるし、プロ野球になると明確にどこのポジションが何番と決まっている訳ではない。 ただ、プロ野球でも、同じタイプの選手が同じ背番号をつけていたりすることがあるので、その辺を掘り下げてみたいと思う。まずは学生野球から見て行こう。

少年野球や学生野球の背番号8の意味

少年野球の場合、キャプテンが10番、監督が30番などと背番号が決まっている他は、基本的にポジションによって背番号が決まっている訳ではない。投手がキャプテンの場合は、少年野球における一般的なエースナンバーの「1」ではなく、10番をつけることになる。これはルールで決められている。

高校野球になると、レギュラーメンバーに1番から9番の背番号が割り当てられる。8番は中堅手(センター)のポジションの選手がつける。大学野球になると、監督やコーチ、首相を除けば基本的には背番号がポジションによって決まっている訳ではない。ただ、早稲田大学などは正捕手が6番、控え捕手が2番や8番をつけるという伝統がある。

おすすめの記事