「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ダブルプレーがあってなはならない5つのシチュエーション

2016 7/24 17:12
野球選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

大事な場面で打者がしてはいけないプレーとは? 1つのプレーで2つのアウトを取られてチャンスを失うダブルプレーは何としても避けたいもの。 今回は、野球の試合において、ダブルプレーがあってはならないシチュエーションを5つ紹介する。

ダブルプレーとは?

野球では、1人の打者に対して1つのアウトを取るというのが基本的な進行だ。しかし、ランナーが出塁している場合、1つのプレーで2つのアウトを取ることができるダブルプレーが発生するシチュエーションが多くある。 せっかくランナーが出塁して得点のチャンスを迎えているにも関わらず、たった1つのプレーでチャンスを失い2アウトになってしまう。ダブルプレーが起きると、攻撃側は気分が落ち込む代わりに、守備側の士気が高まる。一気に試合の流れが変わる恐れもあるので、なるべくダブルプレーは避けたいものだ。

塁ランナーがいる場合の内野ゴロに注意

最もダブルプレーが起こりやすいシチュエーションが、この場面だ。 特にノーアウト1塁で内野ゴロによるダブルプレーが起きてしまうと最悪。送りバントを選択していれば、1アウト2塁になり自分だけの犠牲でチャンスを作ることができたかもしれない。バントをしないのであれば、最低でもフライでアウトになったり内野ゴロでも自分だけでも生き残れるように疾走する必要があるだろう。 これは、1塁ランナーに加えて、2、3塁ランナーがいる場合も同じだ。守備側にとっては、ランナーが多いほどアウトカウントが取りやすいためだ。ただし、1塁が空いている場合、ダブルプレーの危険があると判断すれば2、3塁ランナーはそのまま留まることができるので、ダブルプレーの可能性は低くなるだろう。

おすすめの記事