「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球選手におすすめ!適切な栄養価の食事メニュー

2016 12/9 12:03
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Syda Productions / Shutterstock.com

スポーツ選手は一般人に比べ、より栄養価の高い食事を心掛けています。高いパフォーマンスを発揮するには、適切な栄養摂取が欠かせません。 しかし、適切な栄養バランスは競技によっても異なります。 この記事では、野球選手の場合を取り上げて、栄養価の高い食材、食事メニューをご紹介します。

食事による栄養バランスは選手のパフォーマンスと密接に関係

あらゆるスポーツに共通することですが、選手が質の高いパフォーマンスを繰り出すことと、バランスの良い栄養摂取を行うことは密接に関係しています。しかし、競技が変われば体の動きや運動量といった内容も変化するので、伴って適切な栄養価も変わってきます。同じくらいの身長でも、ラグビー選手とマラソン選手では体形が異なりますが、これはトレーニング内容の違いだけではなく、栄養摂取にも違いがあることはお解りになると思います。
では、適切な栄養摂取を前提とした場合に、野球選手にとってバランスの良い食事にはどんなものがあるでしょうか? 栄養素による体への効果とともにご説明します。

プレー特性による栄養摂取の違い

野球選手にとって栄養価の高い食事を考える前に、野球選手のプレー特性を考慮する必要があります。大きくいえば野手と投手の違いです。
一般的に野手は、守備時のステップワークや方向転換、短い距離のダッシュなどに特徴があります。攻撃時のバッティングや走塁も含め、瞬発力を多く使うのが特徴です。一方で投手は、ピッチングという一連の動作がほぼ同じとなるフォームを繰り返すことに特徴があります。瞬発力も使いますが、特に長いイニングを投げ切るには持久力が重要になってきます。 このように、同じ野球選手でもプレー特性が異なることで、適切な栄養摂取にも違いが生まれるのです。次の章では野手にとって効果的な栄養素と、代表的な食材をご紹介します。

おすすめの記事