「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者のための野球ポジション解説

2016 11/15 10:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ronnie Chua / Shutterstock.com

野球のポジションに興味がある方へ。 野球では9人の選手によってポジションが分担されていますが、それぞれどのような役割があるのか知りたい人も多いと思います。 そこで今回は大きく4つに分けて、野球の各ポジションについてご紹介します。

チームの顔として一番注目されるのが投手

投手は先発、中継ぎ、抑えと役割によって分類されます。 先発は、試合開始から起用される投手。チームの中で投球能力が高く、中心的な存在をエースと呼びます。球速と制球力、終盤まで投げ抜くスタミナが求められます。プロ野球ではローテーションで起用されますが、アマチュアでは1人が毎回任されます。
中継ぎは先発から引き継ぐ投手。先発が失点、ピンチ、疲れた時などに起用されます。 抑えは試合の終盤を任され、リードしている場合、接戦の場合に起用されます。確実にアウトをとれる速球、決め球となる変化球が求められます。 中継ぎと抑えは、1試合での投球数は少ないですが、連日起用されることもあるほか、ピンチの場面での勝負強さが求められます。

フィールド上の監督でもある捕手

捕手は投手の投げる球を捕るだけでなく、打者に合わせて1球1球、どの球種を投げるのか、どこに投げるのかサインを通して投手に伝えます。そのため、投手の女房役と呼ばれます。 あらかじめ投手の得意球やコース、苦手な部分を把握するために綿密なコミュニケーションをとり、相手打者一人一人のクセを見抜くために、過去の試合データも頭に入れておく必要があります。
また、盗塁された場合に送球できる肩の力も求められます。さらに、ベンチからのサインを受け取って守備陣に伝える役割も担います。 最近では、ランナーがホームベースに突入する際のコリジョンルールへの適応も必要です。

おすすめの記事