「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ビシバシ打てる!野球のバッティング上達のコツとは?

2016 11/15 10:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey Yurlov / Shutterstock.com

野球のバッティング技術を向上させたい方へ。 ただやみくもの練習してもバッティング技術を向上させることはできません。練習のコツを理解してもっとうまくなりたいのではないでしょうか? 今回は、野球のバッティング技術向上のコツをご紹介します。

バッティング技術を磨こう

野球のバッティングを苦手とする人は、どうして自分が苦手なのかということを理解できていない人が多いようです。 どうして苦手なのか?何をすればよいのか?をしっかりと理解しておけば、バッティング技術はいくらでも向上させることができます。バッティングは練習をすればするほど効果を発揮するものです。
今回は、野球のバッティングが得意な人たちからこっそり教えてもらった練習方法を確認して、皆さんも期待のバッターになるための練習をしましょう!

ボールを打つ感覚を身に着ける

野球のバッティング技術を向上させる方法は、とにかく長い時間バットを握り、数多くの素振りをすることです。
しかし、ただ単に素振りをするだけでは、練習も面白くないですし、すぐに飽きてしまいます。また、やみくもに振り回していただけでは、いくら技術が向上するといっても効率が良くありません。 ですので、ボールをたくさん打って、打つ感覚をどんどん養いましょう。一番効率が良いのは、ティーバッティングです。空振りすることもありませんので、しっかりと打つ感覚を練習することができます。

おすすめの記事